住宅ローンの金利はどうすべき?

キャッシングベスト3

住宅ローンの金利は、変動・固定のどっちでしょうか?

入社七年目のサラリーマンです。念願のマイホーム購入に向けて、いろいろと金策を練っている最中ですが、他人まずは消費者金融からのキャッシングでなんとかなりそうです。もともとマイホームの購入に備えて蓄えていたお金がありますし、消費者金融のキャッシングプランの中にも、住宅ローン向けのものがたくさんありますから。ただ、一つ気がかりなのはやはり金利の問題。

住宅ローンを組む際、その金利は変動および固定のどちらが良いのでしょうか。

双方にメリットとデメリットがあり、一概には即断できません

家を買うって言うのは一生に一度あるかないかのことですからね。どのような選択をすべきか悩みますよね。また、後になってから後悔しないために、じっくりと悩んでおくべきなのです。

当然、金利の問題が気になるという人は多いでしょう。金利の変動に任せるべきか、固定すべきか。どちらのプランを選んでローンを組んだとしても、メリットとデメリットがあるのです。例えば金利を固定してローンを組んだ場合、世の中の経済状況が変わって金利が下がっても、金利が高い状態のままでローンの支払いを続けることになります。

また反対に、金利の変動に任せた場合、金利が下がれば単純に得をしますが、金利が高くなれば消費者の負担が増える、ということです。どちらの方がよりいっそうお得なのか、その見極めはなかなか一般市民には難しく、またその時々によって一長一短なので、消費者金融のスタッフに相談しながら決めるのが得策でしょう。

金利タイプは固定と変動とどっちが有利なのか

借り入れをするときの金利タイプには様々なものがありますが、代表的なものが変動金利と固定金利です。このどっちが有利なのかというと、これは利用するシーンによって異なっています。それぞれのシーンに合わせて選ばなければならないのですが、そのためにはそれぞれの特徴を把握しておく必要があります。

変動は、市場の金利動向によって変化するタイプのものを指します。ですから、どれくらいの利息を支払わなければならないのかを予想することが難しいと言えるでしょう。場合によっては急激に利上げが起こって、予想していたよりも多くの利息を支払わなければならないこともあります。

このように利上げのリスクを抱えているのですが、比較してみると金利は低いという傾向があります。市場に合わせて変化させることができるために金融機関側のリスクが小さく、そのために低金利でサービスを提供してくれることが多いのです。

固定金利はどのようなものかというと、契約した時点から金利が変わらないものを指します。市場で何が起ころうとも、契約したときの金利で利息が計算されます。ですから、契約をした時点で将来的に支払う金額の合計を完全に予想することができます。これが大きなメリットだと言えるでしょう。返済計画を立てやすいのです。将来的な利上げがあったとしても、それとは関係なく返済していけば良いのです。

ただし、変動金利に比べると金利が高い傾向はあります。利上げが行われてもそのリスクがないというメリットはありますが、特に利上げが行われなかった場合や、逆に利下げが行われたときには、こちらの方が高い利息を支払わなければならないのです。このようなデメリットはあるでしょう。

では、どうやって選べば良いのかというと、余裕がない場合や長期的な予想が難しいと思ったときには固定金利で契約しておいた方が低リスクでしょう。短期間で大きく変動する事は考えにくいですから、短期間だけ借りるときには金利の低い変動金利のほうが優れています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【キャッシング】無職でもOK!?な会社ランキング All Rights Reserved.